着物買取の相場を徹底チェック!高額査定のポイントと高く売る方法

着物買取の相場ってどの位になるのでしょうか。

自宅や実家などの箪笥の中に眠っている着物があるけど、どのくらいの金額で売れるのか気になる人もいると思います。

着物は日本古来の和服であり、正装の際にも着用するものなので、一着は持っているという人も多いのではないでしょうか。

着物買取の方法としては、リサイクルショップを始めネットショップなどでも買いとりを強化している専門サイトなどもあります。

売り方によっても変わりますが、やはり着物買取にも相場価格はあります。

相場価格をある程度知ることで、着物を売ってもいいかどうかなどの判断もしやすくなります。

着物を処分したいけれども、どれくらいの価格になるかわからない場合も相場を知ることでどの着物を処分していくなどの目安にもなります。

着物買取価格の相場

訪問着 9,000円~42,000円
付け下げ 8,000円~11,000円

これらの相場は、普段使いもできるので買取価格も高めであり、人気の高い部分になります。

振袖 12,000円~45,000円

成人式や結婚式などはもちろんですが公式な場所ならばどこでも着用できることも人気につながっています。

振袖などはさらに

加賀友禅 15,000~88,000円
吉野間道 39,000~163,000円
京友禅 5,000~51,000円

の場合は価格が上乗せされていくことが多く高額買取に繋がります。

年数劣化などを気にする人もいますが、有名どころで作った記憶などがある場合は買取価格も上がりやすいことが多いと考えてもいいかもしれません。

振袖などは他にも絞りなどがある場合は価格が追加されることが多く、変動が大きなものになりますが1万円以下になることは少ないと考えてもいいでしょう。

400円~10,000円

紬自体はおしゃれ着扱いなので低価格での買取相場が多いです。

ですが、紬は泥染めであり名産地も多くあります。紬を購入する際や、紬を着ている人などからよく「〇〇紬」などという言葉を聞く人もいるのではないでしょうか?

米沢紬 20,000~52,000円
塩沢紬 15,000~48,000円
信州紬 11,000~35,000円
牛首紬 22,000~69,000円

紬の代表的な名産地の4か所になりますが、どれも高額買取の相場になりやすいです。

紬などは購入の際に証明書などが入っていることも多く、それらの保証書も添付することで価格のアップにもつながっていきます。

他にも琉球紬や、紬に合わせた帯なども購入している場合などはそれらも一緒に持ち込むことで全体の買取価格アップにも繋がります。

由水十久の着物 70,000~226,000円
斉藤三才の着物 12,000~41,000円
丹下雄介の着物 26,000~89,000円
中村勇二郎の着物 15,000~63,000円
藤井寛の着物 45,000~172,000円
志村ふくみの着物 177,000~230,000円
羽田登喜男の着物 36,000~185,000円
柿本市郎の着物 16,000~92,000円
松井青々の着物 17,000~181,000円
紬屋吉平の着物 29,000~140,000円

現代の着物作家の振り袖や留袖、色無地、などは相場の買取価格が別になってきます。

どの作家も数代続く存在であり、フルオーダーなどでつくっていることがほとんどです。

この場合は故人の残した着物などでこれらがあるということが多く、もっていても使わないなどで買取に出すという人がほとんどです。

遺品整理などでこれら出てきた場合は手元に残す人もいますが、買取などに出してしまうのも賢い方法の一つになります。

なぜ着物買取の相場にばらつきがあるか

着物は化繊のものから正絹まで記事が非常に幅広いのも特徴の一つです。

このことから買取価格の相場の幅が大きくなってしまいます。

また、需要のあるものは格に関係なく高額買取が多く、格は高くとも着用できる場面が限定的な物などは買取価格は下がりがちです。

有名作家のものや刺繍の多いものなども高額買取に繋がりやすいです。

また、着物と一緒に帯や帯揚げ、帯締めなどを購入していることがほとんどだと思いますが、これらは着物の柄や生地などに合わせてデザインされています。

一緒に持ち込むことで買取価格を上げることにもつなげやすく、帯などが余っている状態の場合は持ち込んでしまうのも方法の一つです。

着物買取前にチェックすべきこと

着物は様々な種類があると同時に、格が出てきます。

一般的に普段着にあたる小紋や付け下げ、訪問着などは格は高くないですが、需要が高い部分で買取価格なども高めになる場合もあります。

未婚女性などの正装である振袖なども、成人式などに合わせて古着で購入する人も多いので需要が高いものの一つです。

逆に、格として高いものになる黒留袖や色留袖は着れる機会が少ないことなどから高額で購入しても買取価格は低くなることも珍しくはありません。

また、紬などは結婚式などに着用することはできませんがお茶会などのちょっとしたパーティなどには非常に人気の高い着物になります。

代表的な部分になる「大島紬」「米沢紬」などは高額買取なども多く、他にも有名作家や加賀友禅京友禅といった友禅なども比較的高額買取になる場合も多いです。

現代作家でも有名デザイナーなどの場合は買取価格がアップすることもあります。

着物を高く売るためのポイント

着物の相場は揺れ幅の大きなものであり、状態や持ち込んだときの状態に左右されることがほとんどです。

持ち込む前に着物の状態などをチェックすることで買取価格を上げることにも繋がります。

  • シミなどがないか
  • カビなどがないか
  • 着倒して生地が傷んでいる

シミなどはないか

シミなどは目立たない部分などにあっても、買取価格の相場を下げるもとになってしまいます。

着物買取専門店の多くがクリーニングなどを行ってから販売になりますがシミなどの場合はとれないものであるという判断が出ると価格が下がってしまいます。

カビなどがないか

カビは臭いなどはもちろんですが生地そのものを傷ませてしまう原因になります。

カビのある着物などは、相場より査定額が下がってしまう可能性が非常に高いです。

着倒して生地が傷んでいる

着物をよく着る人などは生地そのものが劣化していることが多く、特にお気に入りなどの着物などは何度も着ているという人などは買取価格が相場より下がることがあります。

この場合は着物を使ったリメイクなどに使用してみるなどのほうが着物をより楽しめることにもつながるのでお気に入りの着物でくたびれてしまっているものなどは、道行や和服でつくるバッグなどに加工して手元に別の形で残してあげた方が良いかもしれません。

買取の際に少し汚れなどがある場合でも、落ちるものなどの場合はそこまで査定に響くことはありません。

上記の三点を注意することで価格などはアップしやすくなります。

事前に着物クリーニングなどを頼む必要はあるか?などは着物クリーニングは一般的なクリーニングよりも高額になってしまい、マイナスになってしまうこともあります。

生地なども正絹である物などは価格に上乗せられることもあります。

柄などよりも生地の良さ、着物の種類などが需要の高いものなどの場合は価格が上がりやすいのも特徴の一つです。

買取は着物買取専門店へ

手近な買取といえばリサイクルショップになりますが、リサイクルショップなどでは着物を相場よりも高額買取は期待できません。

ブランド物などは高額であっても、着物の価値や需要などを知っている人がいない場合は着物は普段きれないものとして扱われるので十枚持ち込んでも3000円も行かなかったなども珍しくはないです。

着物は着物を専門に買い取ってくれる古着屋かネットの着物買取専門店などで買い取ってもらうほうが、価値や状態などをわかる人が鑑定してくれるので上記のような相場になりやすいです。

着物の価値がわかる人などの場合は適正価格での買取はもちろんですが珍しい着物や帯、友禅や佐賀錦などの種類なども理解できるので思わぬ価格になることがあります。

専門店は他にもまとめての買取などで10%の価格の上乗せなどもキャンペーンなどで行うこともあるので、買取の前に買い取ってもらう専門店の公式サイトなどをチェックすることでキャンペーンやまとめて買い取りなどの特典があるかどうか、帯や草履などの同時買取などで価格アップがあるかどうかなども確認できます。

着物を購入する場合の多くが着物、帯、帯揚げなどの小物、着物バッグ、草履、長襦袢などのセットでの購入がおおく、バラバラにするよりも一式セットでの買取での査定額アップなどもあるので事前に確認しておくことで持ち込みや、発送の際の価格アップはもちろんですが、処分などの場合での買取でもスペースが一気に広がるのでお勧めの方法になります。

着物買取の需要は増えている

買取などはちょっとした部分を見なおしたり、小物などもまとめて買い取ってもらうなどの方法で価格のアップはもちろんですがスペースの拡大にも繋がります。

着物の買取の理由の一つにあるのが「保管場所を大きくとってしまう」「手入れができない」などもあり、処分をかねて買取を求める人も多いです。

また、着物のレンタルなども大きな発展を遂げたことなどから、着用後に陰干しやクリーニングなどの手間を考えるとレンタルのほうがコストがかからないと考える人も多く、着物を買取に出す人も少なくありません。

その一方で着物は確実な需要があるものでもあります。

旅館業界や華道、茶道、などでは着物を着用することがほぼ必須であり、練習用に着物を購入し、仕事用の着物は別に購入するなども珍しくありません。

また、着物は海外からの旅行者にも人気がありお土産などに購入していくことなどからクラシカルな物でも逆に高額になる場合もあります。

需要が一定にあることなどからも、専門の買い取り業者が現在でも多く出てきている状態であり、市場が確立しつつあります。

買取などは専門業者を利用することで着物本来の価値を認めてくれることにも繋がります。

もう着ない着物でも、求めている人がいるのも古着市場です。

他にも、古い着物や帯などから洋服やバッグなどをつくる職人さんなども多く、着物はこれらの人たちが多く購入することなどからも需要は大きいといってもいいでしょう。

着物買取おすすめの方法

ネットが普及したことで、インターネットでの着物買取が店舗査定よりも高額査定になる口コミが増えています。

そのため店舗でもネット買取に力を入れている業者が増え、競争が激化したことによりネット査定の高額化が進んでいる状態です。

ネットでの着物査定は写真を撮って査定をするだけなど、簡単に着物買取ができるのもユーザーにとっては大きなメリットになります。

今後もネットでの着物買取が高額になる流れが続くことが予想できるので、着物買取で迷っている人は一度ネットの査定に出してみることをおすすめします。

また査定は1社だけではなく、複数の業者に依頼すると査定額が上がる可能性もあります。

特に以下の3社は、着物買取を強化していて高額査定の口コミが多い業者ですので、着物買取を検討している人は一度依頼してみることをおすすめします。

着物買取をネット宅配で行う場合は、着物買取ランキングも参考にして下さい。

着物を少しでも高く買取できる業者をピックアップしています。