反物買取は高額査定も期待できる!おすすめの方法を紹介します

反物とは、着物や和服全般を仕立てる前の布のことをいいます。

また、幅が約36cm・長さ約14mのものを一反と呼びます。

ただ近年では、日本人の平均身長が高くなったことから、女性用では約37cm、長さ約14mのものが主流で、男性用では幅が約37から45cmと、女性よりも幅広です。

ただし、男性の着物の場合はおはしょりが必要ないため、長さは女性用の反物と同じ14m前後です。おはしょりとは、着丈に合わせて余った部分を腰の上で揚げ折って腰紐で結んでとめる部分です。

遺品整理をしていて反物が見つかったり、母親から受け継いだものの、仕立てる機会もなく、買取をしてもらいたいという人は意外に多いようです。

しかしながら、反物をどうやって売りに出したらよいかわからなかったり、呉服市場は買取相場が不安定で、査定に出したものの満足な値がつかないということも少なくありません。

では反物の買取の場合、どんな情報を押さえておけばよいのでしょうか。

反物の買取の方法

反物を買取ってもらえるところは、リサイクルショップやネットオークション、フリマアプリ・着物買取専門店などが考えられます。

通常、着物に仕立てられているものはリサイクルショップでは買取が難しい場合もありますが、反物であれば買取ってもらえるようです。

ただし、着物を買取ってもらえないのは着物鑑定士がいないからで、反物の場合も、そうしたところで売却すると適正な値がつかず、損をしてしまうこともあります

ネットオークションやフリマアプリといった方法を利用するときは、着物に仕立てる以外にも、小物にリメイクしたり、リサイクル目的で探している人もいるため、通常では買取ってもらえなかったときなどでも買い手がつきやすいといえます。

しかしこうした個人同士での取引の場合は、落札後に素材などをめぐってトラブルになりかねませんので、証紙が無い場合などは注意しなければなりません。証紙とは洋服でいうタグのようなものです。

ただし、反物を売却する場合には、着物買取専門店で売却するのがもっとも安心かつ高値での買取が期待できます。とはいえ、専門店であるがゆえに状態の悪い物や素材の安価なものは買取ってもらえないことも少なくありません。

高値で取引される反物

反物の素材は大きく分けて3つあり、もっともポピュラーなのがシルク(絹)、安価な木綿、農村などに多い麻です。

麻の場合は日常着として農村で広く利用されていたほか、染色が難しいため、商業的にはあまり扱われません。このため、反物の素材がわからない場合も、麻であることはまずないと考えてよいでしょう。

一方、木綿は麻同様安価で手に入りやすく日常的に着物を着る人に多く利用されていますが、麻よりは高く、反物は市場に出回っています。しかしながら、木綿も買取査定に出しても高い値段がつくことは期待できません

なんといっても、最も高い買取価格を期待できるのは絹です。近年では着物を日常的に着る人も少なくなり、冠婚葬祭といった特別な場面で着物を着用することがほとんどです。このため、着物を仕立てる際にも、高価な生地である絹の需要が高いのも自然な流れといえます。

反物の買取相場

着物業界の買取価格は非常に値幅が広いのが特徴です。

ただ、反物の場合着物として仕立てられていないので、サイズや状態が着物に比べてよいことが多く、高額になりやすいといえます。

平均すると、反物のままの方が着物よりも1万円ほど高値がつけられる傾向があります

着物の場合は価格上位の沖縄着物で5万円程度、アンティーク着物で1万円から3万円程度、振袖や訪問着は1万円程度ですが、仮に素材や状態が同じならば、反物の買取価格は比較的高額になると考えてよいでしょう

このほか、伝統工芸品や作家物といわれる有名作家の作品は、高額で買取ってももらえる可能性が高くなります。

なかでも重要無形文化財の指定を受けている結城紬大島紬などは買取り価格が高額になると考えてよいでしょう。特に結城紬に関しては新品なら15万円からという買取り価格もあるようです。

反物の買取は専門の業者で

反物の買取は、きちんとした知識がある業者にお願いすれば高額の査定も期待できます。

その意味では、町のリサイクルショップはあまりおすすめできない方法と言えます。

最近ではネットで専門業者に依頼できるケースも増え、そういった方法を利用している人も増えています。

着物買取おすすめの方法

ネットが普及したことで、インターネットでの着物買取が店舗査定よりも高額査定になる口コミが増えています。

そのため店舗でもネット買取に力を入れている業者が増え、競争が激化したことによりネット査定の高額化が進んでいる状態です。

ネットでの着物査定は写真を撮って査定をするだけなど、簡単に着物買取ができるのもユーザーにとっては大きなメリットになります。

今後もネットでの着物買取が高額になる流れが続くことが予想できるので、着物買取で迷っている人は一度ネットの査定に出してみることをおすすめします。

また査定は1社だけではなく、複数の業者に依頼すると査定額が上がる可能性もあります。

特に以下の3社は、着物買取を強化していて高額査定の口コミが多い業者ですので、着物買取を検討している人は一度依頼してみることをおすすめします。

着物買取をネット宅配で行う場合は、着物買取ランキングも参考にして下さい。

着物を少しでも高く買取できる業者をピックアップしています。