着物買取の相場とは?高額査定のポイントを説明します

着物買取も、他の商品と同じように相場があることをご存知でしょうか。

最近では母や祖母から譲り受けた着物の買取を希望する人も増え、こうした着物買取の相場が知りたいという質問を受けることも多いです。

大事な着物を買取してもらうのですから、少しでも高額な査定をしてもらいたいですよね。

今回は着物買取の相場についてや、高額査定のポイントなどを解説していきたいと思います。

着物買取で相場が高いものは

着物買取の相場と言っても、着物の種類によって当然相場が異なります。ではどんな着物の相場が高いのでしょうか。

大島袖と久米島紬は、着物買取の中でも相場が高いと言われています。

大島袖の相場は

大島紬は着物の中でもかなり高級な部類に入るので、基本的な買取価格も高めになっています。

しかも大島紬は世界三大織物の一つとしても知られています。日本だけにとどまらず世界中に着物愛好家はいますが、大島紬に特に愛着を抱いている着物愛好家は少なくありません。

大島袖の相場としては3万円から30万円くらいが着物買取の相場になります

大島紬は普通の振袖とは違い多くの労力や時間を費やして作られます。何年も経験を積んで熟練の職人の人が一枚一枚を作り上げていくので価値が高くなるのです。しかも大島紬は耐久性にも優れていることで知られています。

振袖を持っている人の中には湿気の強い時期にどのように保管するのか頭を悩ませることが少なくありません。

しかし大島紬の場合は雨や湿気に非常に強い特徴をそなえています。しかも汚れが目立たない色で丁寧に作られていることが多いのです。

ですから長期間保存して使用するにも大島紬は非常に向いています。大島紬の場合、着物の質を証明するものとして証書がつけられています。

例えば現在あなたが持っている大島袖の証紙に日の丸のラベルが付いていたとします。そのラベルは何を意味するのでしょうか?

実は鹿児島お土産のものであることを示しています。その証紙を見て買取をする業者などは大島紬の価値を見極めることが少なくありません

調子がなかったとしても専門家であれば、大島紬の状態を見に行くことができますが、証紙があるに越したことはないでしょう。

久米島紬の相場は

久米島紬は沖縄県で織られている袖のことを指しています。

久米島紬の制作技術は国の中でトップを誇ります。なぜなら、重要無形文化財に指定されるほどの芸術が久米島紬には含まれているからです。

独特の他には見ることのできない落ち着きを与えてくれる色、さらには来たものにしか分からない着心地の良さはトップクラスです。

ですから質にこだわる分、当然購入価格は高いです。久米島紬の購入価格は、10万円也20万円したとしても不思議ではありません。しかし最近であればインターネットを経由して、比較的安めに久米島紬を購入することもできます。

そのため相場価格は少し下がり、2~3万円位が久米島紬の平均的な買取相場になっています。

着物買取で相場よりも高く売るには

どのような着物だったとしても、相場よりも高い金額で売るためには状態が良くなければなりません。

  • 使用感があるかないか
  • シワや汚れが目立つか
  • 希少価値があるか
  • 有名作家による着物か

具体的に言うと、使用感があるかないか、さらにはシワや汚れが目立つが目立たないかが値段を大きく左右します。

買取価格をより高くしたいと思うのであれば、普段から手入れを欠かさないようにしましょう

頻繁に着るものではありませんので一度汚れてしまったものを長期間保存すると、その部分だけ色の違いが目立ちやすいです。

しかし小まめに手入れしているのであれば、5年10年と多くの時間が経った後には質の違いがはっきりと現れるに違いありません。

さらに、もし大島紬久米島紬など高級な部類に入るものを売りたいと思うのであれば、着物のサイズも価格を左右します

意外に思われるかもしれませんが、ある程度大きいサイズのものだとそれなりの値段で売ることができます。

なぜならあまり小さすぎると、買いたいと思う人があまりいないからです。購入してしまった後では丈の長さを変えることはないでしょうから、将来売ることを想定して着物を購入するのであれば、丈の短すぎるデザインのものは避けることができるかもしれません

希少価値が高いかどうかも価格に直接影響を及ぼします。例えば着物によって染め方が違うことがあります。

また、有名な作家の人が作成を手がけたという場合もあります。そのような着物を買うことがあれば、買取価格は一気に跳ね上がる場合もあります。

特に有名作家の人が現在にも活躍していて、しかも多くの人からの人気を誇っているのであれば、高額買取するための大きな助けになります。

店舗とネットでは着物買取の相場は違う

自分の持っている大切な着物の買取をしたい場合、果たして店舗でした方がいいのかネットでした方がいいのか正直悩みます。

それぞれのメリットを見てみましょう。

店舗で着物買取のメリット

まず店舗型のメリットは自分の目で何でも確かめることができるということです。どういうことかと言いますと、店舗で査定をした人がちゃんと着物を見ながら査定をしたかどうか直接直に見ることができます。

査定金額が思ったより低かったとしても、どうして金額が低いのかその場で尋ねることができます。つまり対人関係でのやり取りをすることによって、自分の思っている疑問を解消することができるというわけです。

査定金額が必ず思い通りに行くのであれば、店舗の人と会話をする必要もないかもしれませんが、必ず思い通りの金額で買い取られるとは限りません。

店舗での対応してくれるスタッフが目の前にいることは大きな助けになるに違いありません。

店舗で着物買取のデメリット

単純に持ち込みをするのが面倒くさい、というのがデメリットにあげられるでしょう。

せっかくお店に足を運び査定をしてもらったにも関わらず、自分が思ったような金額を得ることができないのであれば結局家に持ち帰ることになります

そのような過程が面倒くさくて時間の無駄だと感じるのであれば、店舗での買い取りはあまりおすすめできません。

また店舗よりもネットの方が高額査定になると言われることもあります。

ネットで着物買取のメリット

ネットでの買取のメリットは何でしょうか?

最近では、ネットで買取の査定を依頼した後で、出張訪問をして着物を買取に来てくれるというサービスが人気になっています。

最大のメリットは専門的な知識を持っている人がちゃんと査定をしてくれることです。

地元のお店だと売ることのできなかった着物も、出張訪問の買い取り業者に対しては、売ることができる場合も少なくありません。

場合によっては他の店より高い買取金額をつけてくれるかもしれません。

しかも業者によっては1点からの査定も行ってくれます。わざわざに店舗に行くのは恥ずかしいけれども、買取をお願いしたいとに思っている人にとってはうってつけのサービスです。

ネットで着物買取のデメリット

しかしインターネットで出張買い取りをお願いするデメリットもあります。

大きなデメリットとしては、直接店員が目の前にいないことになります。店舗のようにすぐに査定に関する質問ができません

どうしても店員と直接話をしたい場合は、ネットで買取を依頼するのは止めた方がよいかもしれません。

着物買取相場まとめ

着物買取をする際の相場の金額は、ものや状態によって査定が変わります。基本的には、着物を良い状態に維持することによって、なるべく高く売ることができます

ですから着物を購入した後には、着物の状態が悪くなってしまわないように細心の注意を払うようにしましょう。

そうすれば、いざ買取をお願いしたいと思った時に、より高い金額の査定をつけてもらうことができるに違いありません。

着物買取おすすめの方法

ネットが普及したことで、インターネットでの着物買取が店舗査定よりも高額査定になる口コミが増えています。

そのため店舗でもネット買取に力を入れている業者が増え、競争が激化したことによりネット査定の高額化が進んでいる状態です。

ネットでの着物査定は写真を撮って査定をするだけなど、簡単に着物買取ができるのもユーザーにとっては大きなメリットになります。

今後もネットでの着物買取が高額になる流れが続くことが予想できるので、着物買取で迷っている人は一度ネットの査定に出してみることをおすすめします。

また査定は1社だけではなく、複数の業者に依頼すると査定額が上がる可能性もあります。

特に以下の3社は、着物買取を強化していて高額査定の口コミが多い業者ですので、着物買取を検討している人は一度依頼してみることをおすすめします。

着物買取をネット宅配で行う場合は、着物買取ランキングも参考にして下さい。

着物を少しでも高く買取できる業者をピックアップしています。